◆いろいろなテーマ◆

70歳になって始めた仕事
それが私の人生を今変えている
  ブログにも書いています。
http://5144325.at.webry.info/

  
日本の長寿者一覧
     100歳以上2万5606人

   人類400万年前から
    一夫一婦制だった

   「スポーツ日誌」
  水泳10月26日まで203km
     昨年1年 250`b超


 2002年に
 ホームページを大改装
   「悪戦苦闘」の要約はココ


































70歳になって始めた仕事
それが 「人生」を変えてくれる
こんなに面白い人との関わりがあったなんて!    

あなたの成功を応援します
やったわね! 素晴らしい! おめでとう!
周りの人から祝福のメッセージが山積みでくる 大したことしていないのに!
初めてした仕事:それは営業の仕事=仲間になるよう進める仕事
勤め人の時代営業の仕事はしたことがない
定年退職の前最後の仕事それは退職後どんな生活をしますか?
考えてみましょう
そして、必要に思うならその準備はしましょう
と教える仕事  これは人と関わり合う仕事  でも、社内講師
その後は、社外講師を務めた  一応は好評であった。
人と関わりあった仕事ではあるが、人に勧めたり
「あなたのためになるから参加したら」と誘ったことはなかった
それが70歳にしてはじめて人に勧める仕事をしてみる事情になった
当然ことだが、相手に自分の人柄を
「信用されてその勧めに乗ろうか」 と思われないと結果は成功しない
その難しさを実感する毎日 それが結構面白い
自分がどのように見られているか  思い知らされたり、励まされたりする
いろいろな自己啓発セミナーに参加する
はじめはロールプレイが嫌いだった。演じて失敗することは平気であるが
何だこんなこともできないのかと軽く見られることが面白くない
だから、やりたくない。
何度も演習でやっているうちに、失敗しても、
そんなに惨めさを感じることではない それが分かった
あるとき、ロールプレイで、相手役を努めてくれた若い先輩のお姉さんが
にっこり笑って、優しくうまくできたじゃない
本音で褒めてくた なんとも表現できない ホワ〜!とした気持が伝わってきた
嬉しかった!  その時気が付いたらその人手を握っていた
こんなことってあるのだ
あるセミナーで、 「家族のためにはたらいていますようね!」 と講師の声
「それなら、あなたの働きぶりを喜んでいますか」
「日曜日に勤めの人とゴルフに出かけても」
「残業で毎晩遅く帰宅しても?」
これに「Yes」でなければ、家族のために働いていることにはならないでしょう
このことをとなりの座席の人と話し合ってシェアしてください
と講師はいう
となりの受講生と話し合ってみる
やっていないどころか、そんな発想に今まで気づいていなかった
一生懸命勤めの仕事に励めばそれが家族のためになっていると
自分だけが解釈していたのであって、家族がどう思っていようと
考えてもいなかった
こんな告白をしたら、隣の人は、 「そのお歳で柔軟ですね」 という
自分の考えが柔軟という意識、幾らかは感じているが
面前でいわれると、気分は悪くない。人の評価も時には聞くべきだ
それが良くても悪くても、自己を認める第1歩になる
こうして、人との関わりの中から、若い人がどのよう仲間に入れてくれるか
若者の仲間には、ちょっと距離をおいて、嫌われないように
それとなく付き合っていこうという考えは思い過ごしだった
もっと仲良くなれる心の通いがあることを実感している
詳しくはブログで見て、できるだけ毎日書くように頑張ります
見てみて!  どのように毎日を活き活きと
楽しくやっているか そして、 人生を変えていっているか

       働き方のページへ                  アクテイブライフ ナカヤマオフィス  
            トップページへ              akt51naka44@kzf.biglobe.ne.jp  中山明俊