酒井正兵衛(正三郎)先生を偲ぶ  No.15

2012年12月26日  佐藤 治
 

■経 歴・教え子
1901年岐阜市生まれ、父正兵衛は山林地主。岐阜中学 を経て東京商大予科・本科卒業、経済哲学の左右田喜一郎 に師事。1922年横浜社会問題研究所主任研究員、19 25年名古屋高商講師、保険学・経済史講座、1926年 産業調査室併任、1928年教授、経済政策総論講座、1 939年産業調査室代表併任、1949年第5代名古屋高 商校長(1951年閉校)、1949年名大法経学部長、 1950年新制名大経済学部長、1964年退官、同年南 山大学教授、1981年死去(享年81歳)。

研究分野   経済構造変動理論、社会科学一般理論

影響を受けた人物  左右田喜一郎、ゴットル、ヒックス
            タルコット・パ−ソンズ

友人(大学) 中山伊知郎、赤松要、宮田喜代蔵、
        山田雄三、塩野谷九十九、大来佐武郎、
        大熊信行、板垣与一、高島善哉

業績     日本に経済・社会構造論、経済政策学・
        地域開発論を導入

教え子    小島清(一橋大)、山田勇(一橋大)、
        建元正弘(京大)、片野彦二(神戸大)
        小出保治(岐阜大)、北川一雄(名大)
        碓氷尊(筑波大)、沼田善夫(新潟大)
        飯田穆(名大)、藤井隆(名大)他
        経済人多数
その他    日本学術会議員、地域問題研究所代表
        各種審議会委員、元国鉄監察使
        勲二等瑞宝章、従三位


■著 書(単著)
・杉村廣蔵氏「経済哲学の基本問題」  (192 )
・社会生活の進化と経済学        (192 )
・英国農業革命史論            (192 )
・英国産業革命史論            (192 )
・続英国商業進化史論           (192 )
・英国第二産業革命史論         (192 )
・経営経済学の基礎理論         (192 )
・我が国羊毛工業の現勢と特に中小毛織工業問題
                        (192 )
・再保険研究                (1928)
・他に経営学、海上保険等に関する著作7冊
                      (1920年代)
・経済形態学  H,シャック著 酒井訳  (1930)
・保険経営学:特に海上保険に関して  (1934)
・保険経営学の根本問題         (1935)
・経営技術学と経営経済学        (1937)
・保険経済学                 (1939)
・現代企業理論               (1940)

・経営学及会計学              (1941)
・国民経済構造変動論           (1942)
・経済的経営の基礎構造          (1943)
・アメリカ経済の構造            (1946)
・経営者社会の理論と構造         (1948)
・国民経済構造の基礎理論        (1949)
・経済の社会的構造:経済学入門
       J,R,ヒックス著 酒井訳    (1951)
・経済構造理論への途           (1952)
・経済体制と人間類型           (1953)
・経済変動の理論 
        B,S,ケアステッド著 酒井訳(1953)
・経済成長の過程   W,W,ロストウ 著 (1955) 
          酒井・北川一雄共訳
・経済構造変動の理論           (1956)
・The theory of structural change   (1956)
          of national economy
・日本経済の成長と循環          (1960)
・社会科学一般理論             (1962)
・経済構造と経済政策 酒井正三郎博士還暦
  記念論文集     塩野谷九十九編 (1963)
・成長理論と構造理論           (1963)
・経営学方法論                (1966)
・経済政策論ノ−ト              (1967)

・社会システム論:ソシアル・システムズ・アカウンテ
   イングの展開 B,M,グロッズ著 酒井訳(1969)
・現代大都市論(1)大都市問題の諸相    (1973)
・現代大都市論(2)大都市住民と最適環境 (1973)
・日本経済の構造:経済学入門
         J,R,ヒックス著 酒井監訳  (1976)
・社会の分析的理論:タルコット・パ−ソンズン
            の著作における   (1977)
・巨視的社会理論の構築         (1981)
・遺稿       酒井正生、藤井隆編 (1981)

著 書(共著、編著)
・神野新田  酒井正三郎・小出保治共著(1952)
・国鉄貨物輸送より見た管内産業の実態 (1958)
・愛知用水と地域開発            (1964)
・住宅建設計画の方法論的研究      (1966)

〇上記のうち「経済の社会的構造:経済学入門」は重版
を重ね、「経済成長の過程」、「経営学方法論」は2版

■業 績
・東京商大では左右田ゼミに入り経済哲学を専攻。卒業後
恩師創設の横浜社会問題研究所で研究・資料分析に没頭。 カント、新カント派、フッサ−ル、マルクス、マックス・ ウエ−バ−等を研究、西田哲学を批判する恩師を支えた。

・哲学一般に傾斜する経済哲学では新しい経済学の構築は
困難と悩む。家督相続(正兵衛を襲名)の関係もあり、 1925年新設間もない名高商へ移り、経済史、保険学 を講じる。産業革命、保険学関係の著作を相次いで刊行。

・1926年欧米留学から戻った赤松要教授の下で、ハ−ヴァ
−ド大のケ−スメソツドにヒントを得て新設された 産業調査室(現在の国際経済政策研究センタ−)併任と なる。赤松所長、宮田喜代蔵教授等とともに本邦初の重 要産業調査・分析に従事、またペンロ−ズ講師の協力を 得て同所で「名高商生産数量指数」をまとめ世界的に認 められる。同時に景気循環の実証的研究も進められ、名 高商の名を高からしめた。赤松教授の偉大な功績として 特筆大書される。

・1928年教授となり経済政策総論を担当。1939年赤松教
授離任に伴い第二代産業調査室所長となり、調 査研究をリ−ド。再三の海外留学機会を実家の事情から 断念。1930年代には経営学、企業論を考究、194 0年代は経済構造理論を模索、毎年のように成果を上梓

・戦後はヒックスの名著「ソ−シャル・アカウンテイングの翻訳
を契機に、積極的に経済構造理論、経済変動論、 経済体制論の研究を進め、40年代後半から50年代に かけて著書、訳書を相次いで出版。「経済変動の理論」、 「経済体制と人間類型」、「経済構造変動の理論」、「経済 成長の過程」等の代表著作は、われわれ同期生の在学期 を挟んで刊行されている。

・1963年の還暦記念論文集「経済構造と経済政策」刊行を
契機に、成長理論と構造理論の融合、地域開発理論 (実証)の研究、経済学を包摂した社会科学一般理論の 構築に腐心。「社会科学一般理論」、「成長理論と構造理 論」、「現代大都市論」、「社会の分析的理論」他多数出版。 病床で書きあげた「巨視的社会理論の構築」が遺著とな った。書き下ろし中の原稿は「遺稿」としてご子息の手 により没後出版された。

◎学者として活躍された期間 57年(1925〜1981)うち
名高商・名大経済学部で活躍された期間 40年
               (1925〜1964)
著作刊行数49冊、編著作数4冊、その他論文多数
(出版社:岩波書店、東洋経済新報社、同文館)
(     森山書店、巌松堂、日本評論新社)



■酒井ゼミ
・全9名、真面目勉学派5、単位取得目的派(自称)4
・大学院生2名も出席・助言、一寸うるさかった。
・3年時は英書購読、カルドアの「景気循環論」を輪読、
ヒックスの非線形景気循環論の延長線上にあり難解で 皆手古摺った。先生からはスミス、ケインズ、マック ス・ウェ−バ−、シュンペ−タ−を確り読むようにと よく言われた。
・4年時は各自準備中の卒論発表と全員討議。討議は白
熱化してよい刺激に。先生からはご自身の新刊書につ いてよくお話を伺い、非常に勉強になった。

・先生は要所でピシリと発言するが、学生同士の討論を重
視。煙草を寸時も手離さず、遣り取りを面白そうに観察。 時間に無頓着で3時から9時までが普通、空腹との戦 い、終って角のウドン屋に飛び込むのが通例に。
冬は用務員さんが炭火を入れてくれたが、灰になっても ゼミは終らなかった。2年間のゼミの総時間数は断トツ の筈。よい想い出に。奥さまが主人は時間音痴で皆さん もお気の毒だとよく仰っておられた。
・家督を継がれて正兵衛を襲名。学界では正三郎で通され
た。ゼミナリステンは親しみをこめて正兵衛さんと呼んでいた。

・ゼミ旅行は志摩と稲武町へ。稲武町では先生昵懇の大山
林地主古橋さんから厚遇され、明治維新の志士の面 倒を随分みた件を面白おかしく拝聴した。
また、道中、先生から普段は聞けない話をたっぷり聞 き、人生・就職相談も。先生は顔も広く就職の面倒見 は最高であった。私は興銀を勧められたが断り叱られ た。大野君は紹介で決まった先を後で断り叱られなか ったのは不可解であった。
・先輩に優秀な人が多く、よく紹介されてお会いし、人生勉強
をさせてもらった。大学の先生が多かった。

・先生の影響を受けてか卒論のテ−マに経済構造分析を選
ぶ人が多かった。大野君のクズネッツ(国民経済計 算)、伊東君のヒックス(景気循環論)、高野君の日本 経済分析、佐藤のレオンチエフ(産業連関論)等々。
・先生はマックス・ウェ−バ−とシュンペ−タ−は経済哲学
の源流、新カント派の左右田経済哲学が加わって 新しい経済哲学の創造が何れ必要になるのではないか と呟かれたことがある。
・卒業時には、先生が敬愛するカントの今はの際の箴言
“Es ist gut”を人生訓として贈られた。

■人となり
・温厚篤実、謹厳実直、学者を絵に描いたような人柄であっ
た。一見気難しそうで、人見知りされるところもあっ たが、弟子や友人を大切にし、家族に愛情を注がれ、お 孫さんには目がなかった。
健康に恵まれ、テニスを能くされた。伊東君の妹さんや 田辺君がよくお相手をしていた。将棋も強く、上野先生 や恒川君が好敵手であった。学内切ってのヘビ−スモ−カ −で人をケムに巻いていた。

・とに角、名高商、名大に全生涯を捧げられた訳で、郷土、
名大をこよなく愛された。不退転の決意で臨まれた名高 商から名大経済への移行は先生なかりせば実現しなかっ たのではないか。
・人脈は広く深かった。よく人の面倒を見られた。“桃李言わ、
ざれども下自ずから蹊を成す“の観があった。特に中山伊 知郎、赤松要、宮田喜代蔵、大来佐武郎の四氏とは肝胆相照 らす仲であった。弔辞は先生が学位論文の審査をされ、地 域開発問題で交流の深かった大来佐武郎氏から捧げられた。 塩野谷先生鏤骨の還暦記念論文集は先生の宝物であった。

■こぼればなし
・若いときに家庭の事情から留学を断念されたことを大変悔
やんでおられた。それだけに1953年央から半年間の学 術交流留学をとても喜んでおられた。若い諸先生には万難 を排して留学・他流試合をするよう説かれていた由。
・名高商前任者のG,C,アレン教授とは終生親交が深かった。
よく来日されたが、先生がよく面倒を見ておられた。先生  に頼まれてアレン先生をトヨタの工場見学にご案内、大層 喜ばれ、爾後の英国出張ではよく会食・懇談した。
・授業は難解で講義も決してうまくない、しかし書かれた本
には汲めど尽きせぬ味がある、問えば懇篤に指導してくれ る−そんな先生であった。奥さまも気さくな方で、貫録十 分、ゼミ生を大切にされた。

・よくも悪くも経済学部教授会のドンであった。しかし、そ
の人脈によって多くの俊秀を教師として名大に招き入れ、 教授陣を充実させたこと、“学者は論文を書け、本を出せ” と口を酸っぱくして説かれ、率先躬行されたこと、この二 つの事実をもって経済学部が生んだ最高の学者であったと 思うのである。
・後任に教え子の建元正弘先生を考えておられたが、京大の
青山教授に懇請されて叶わず、碓氷尊氏には留学先のMIT 卒業のトラブルで機会を逸し、結局中山教授の秘蔵つ子であ った藤井隆氏に後を託すことになった。藤井教授は立派に衣 鉢を継がれ、酒井経済政策学を継承・発展に導かれた。


                  望洋会TOPページへ